ゼロ意識共鳴で、本当の自分に目覚め・覚醒を促し、心の平安や真の幸せへの道案内

いつも来てくださってありがとうございます

広島市内、東広島市内で、
お茶会やランチ会、お勉強会を開かせていただいています。
ご興味のある方は、参加してみてくださいね
また、そういった会を開いてほしいと思われる方も、
ご連絡お待ちしておりますメール

ゼロ意識共鳴 不二の道個人セッションについて

ゼロ意識共鳴で、本当の自分(真我)を体験しつつ、理解を深めていくセッションです。
読んだだけでは、よくわからないと思いますので、まずは、お試しセッションを準備させていただいております。

言葉というマインドを通してでは、理解が難しいと思います。
本当の自分(真我)は、マインドを超えていますから、マインドでは理解不能なものなんです。

こればかりは、体験してみないとわからない。

興味のある方は、詳細&料金をご覧ください。

共鳴バナー.png

慢心は必ず苦痛の内に終わるのです

欲望がかなったからといって得意になったり、
かなわなかったからといって失望したりするべきではありません。

欲望がかなって得意になっても自分を欺くだけです。

得たものも最後には必ず失われます。

それゆえ、慢心は必ず苦痛の内に終わるのです。

何が起ころうとも、快楽や苦痛という感覚にまかせるべきではありません。


出来事はどのように人に影響を与えるのでしょうか?

何かを獲得したところで、あなたが成長するわけではありませんし、
何かを失ったとしても、あなたが衰えるわけではありません。

あなたは常に「あるがままのあなた」としてとどまるのです。


あなたは欲望を抱くかもしれません。

しかしどのような結果になろうと受け入れられるようになりなさい。

努力をしなさい。

それでも結果に心を奪われてはなりません。

何が起ころうとも、平静な心で受け入れなさい。

なぜなら、苦痛や快楽は単なる精神的な状態でしかなく、
客観的な現実とは関係しないからです。
【ラマナ・マハルシさんの言葉の最新記事】

自我とは

疑いや恐れが自我なのです。

自我が消え去れば、それらはともに消え去るでしょう。

自我そのものは実在ではありません。

自我とは何でしょうか?

探求しなさい。

身体は生命意識を持たず、「私」ということはできません。

真我は非二元的な純粋意識です。

それも「私」と言うことはできません。

眠りの中では誰も「私」とは言いません。


それでは自我とは何でしょうか?

それは生命意識を持たない身体と真我との間に介在するものです。

それは認識できるような実体を持っていません。

そして探し出そうとすると、幽霊のように消え去るのです。


(略)


もし探しだせば、それは消え去るでしょう。

もし探さなければ、それはあなたに問題を与え続けるでしょう。


どうやって探し出すかは、
すでにそれを成し遂げた人から学ぶことができます。

師のもとを訪れるのはそのためなのです。

とてつもない平穏・平和でした

セッションを受けてくださっている方から
ご感想をいただきましたので、
かまら(Kamala)の返信と合わせてご紹介させていただきますね。


こんばんは〜
ご感想ありがとうございます。

> Kamalaさん
>
>
>
> 今ほどはセッションありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。

> そして、感想です。
>
>
>
> ●意識の共鳴
>
> 深い静寂、深い・とてつもない平穏・平和
>
> 守られ、包まれている

安心できる場所ですね。
ここには、不安も怖れもありませんよね。

> ●アイコンタクト
>
> クリアー、何もなく空っぽ
>
>
>
> ●瞑想
>
> ただ存在し、深いところからただ見ている

その、”ただ”っていうところ、ポイントです^^
ただ存在し、ただ起こり、ただただ・・・
これは日常でも実践できますね。
ただする、ただ読む、ただ発言する…
純粋なままですね。

> ●ハートの共鳴
>
> 何もなく、平和、温かい
>
>
>
> ●立場を変えて
>
> 何もなく、1つ
>
>
>
> ●立場なし
>
> ただ在る

すばらしいですね。

セッション中は随分安定してきていますね。
日常でも実践してみてください。

> では、次回もよろしくお願いします。

またよろしくお願いします。

>
>
>
>
>
> ***********************
>
> プライベート
>
>
>
> 意識の共鳴の時に、また煙が上がったんですね〜(笑)
>
> そういえば、なんとなく、後ろの方に軽〜く引っ張られるような、
>
> どこかの世界にふーっと入って行くような感覚(!?)はありましたけれど^^
>
>
>
> もらいやすい体質とは思っていなくて
>
> どちらかというと、そういうのに鈍感(!?)で、
> 大変な目には合わないタイプ(!?)って思っていたのですよね。^^
>
> だんだん、そう変わってきたのか、何なのか(^^)

浄化が進んでくると、どんどん防御が弱くなってくるのもあるし、
敏感になってくることもあります。
防御担当のマインドが浄化されるから(笑)
ただ、これもひとつの過程の中、一時的なものかもしれませんので、
あまり気にされませんように。

> このセッションの時に、こんなことがあったって記録も兼ねて(!?)
>
> メールに書いてみました^^

それもいいですね☆


    かまら(Kamala)

人の真の状態は、心を超えたところにあります

時間とは何でしょうか?

それはある状態、それを人が認識すること、
そしてそれがもたらす変化を示しています。

二つの状態の合間、それが時間と呼ばれるものです。

ある状態は心が招かないかぎり現れることはありません。

それゆえ、心は真我によって制止させなければならないのです。

心が活用しようとしないかぎり、時間の観念は存在しないからです。

時間と空間は心の中にありますが、
人の真の状態は、心を超えたところにあります。

自己の本性の内に確立された人に、
時間に関する質問はまったく起こらないのです。

他者に与えることのできる最高の恩恵とは?

賢者の真我実現の力はその他すべての能力を集めたよりもはるかに強力です。

彼には自我がないため、他者というものは存在しません。

他者に与えることのできる最高の恩恵とは何でしょうか?

それは幸福です。

幸福は平和から生まれます。

そこに妨害や混乱がないときにだけ平和は訪れます。

妨害や混乱は心の中に現れる想念によって起こります。

心そのものが存在しないとき、そこには完全な平和があります。

ですから、心を消し去らないかぎり、平和と幸福を得ることはできず、
自分自身が幸福でないかぎり、他者に幸福を与えることもできないのです。


無心であれば、他者の存在に気づくことはできません。

それゆえ、真我実現という事実自体が他者のすべての人たちを幸福にするのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。